著作権とは?

 著作権(copyright)とは何か?
その前に著作権が属する知的財産権について…。
この知的財産権は 2 種類に分類されます。
  • 特許権・実用新案権・意匠権・商標権に分類される「工業所有権」
  • 文化的な創作物を保護対象にした「著作権」
この 2 つの権利の違いの大きな違いは権利の発生時期です。
工業所有権はその権利を登録しない事には権利は発生しませんが日本では著作権に関しては著作者が創作した時点で権利が発生します
著作権は著作者の死後 50 年まで保護されます。(※例外もあります)
例え著作権表示がされていなかったとしても著作権はありますので注意して下さい。
 著作権の文化的な創作物とは文芸、学術、美術、音楽等のジャンルがあります。
著作権は世界各国で「ベルヌ条約」「万国著作権条約」等で保護されますがこれに加入していない国のものに関しては保護する必要はありません。
 ようは「俺達の仲間に入って俺達のルールに従えば俺達がお前の権利を守ってやる」って感じになっています(言い方はさておいて…)
著作権がある著作物を無断で使用したり複製した場合はもちろん「著作権侵害」になります。また著作物の改変や匿名希望の著作者名の無断公開には「著作者人格権侵害」になります。以上のいずれも罰則として「3 年以下の懲役又は 300 万円以下の罰金」になります。※法人が著作権侵害(著作者人格権侵害を除く)を犯した場合には「1 億円以下の罰金」となります
 Copyright は訳すと著作権です。
書き方は色々とありますが通常は「Copyright © ○○○ All rights reserved.」と書いておいて間違いはないでしょう。ちなみに「○○○」に著作者名を入れます。
※「©」 は Copyright の略記号です。上の例も「© ○○○」だけでも良いです。
以上が簡単にですが著作権に関する説明です。ここの内容は「社団法人 著作権情報センター」を参考にしています。もっと詳しい内容はそちらで確認して下さい。